白髪染めの匂いって気になりますか

白髪染めは年寄りがするものという印象がありますが、若白髪がある方も髪色を明るくする事ができる白髪染めがあるので安心!気軽に染める事ができる白髪染めも豊富になっているので、白髪が気になるなら白髪染めデビューしてみましょう! - 白髪染めの匂いって気になりますか

白髪染めの匂いって気になりますか

むかし銭湯に行くと「白髪染め禁止」と書いてありましたね。
あれは汚れるからだったからでしょうか。それともニオイが気になったのでしょうか。

「白髪染め」の匂いが気になるということは以前からよく言われたものです。

いまの「白髪染め」はどうなんでしょうか?

白髪染めの匂いの原因とは?

白髪染め独特のツーンと鼻を突く匂いの原因は、薬剤成分になります。
その度合いを測るものとして「pH」表示がされていますが、これはペーハーと読んで、酸性の度合いを表すものです。

つまりあのニオイの原因は「」なのです。
酸というと、硫酸や塩酸などの恐ろしいイメージがありますね。
白髪染めに使われているのはミリスチン酸などらしいですが、化学に疎いのでよくわかりません。

匂いのしない「白髪染め」ってどんなもの?

白髪染めの原料に薬剤が含まれていれば、どうしても化学的なニオイがあります。
それでも、pHを抑え目にしたり、香料を調合したりして、近ごろではだいぶ緩和されていますね。

薬剤を使っていない白髪染めもあります。
それは、トリートメントタイプのものです。
代わりに植物由来の天然成分でつくられています。
髪の芯まで完全に染めることはできませんが、白髪を目立たなくさせることができます。

中には無臭のものもあります。天然昆布が主成分のものは、まったく匂いがしないということです。

おしゃれな香りに包まれて

イヤな臭いは困りものですが、アロマのような香りならちょっとおしゃれな感じがします。

ラベンダーやオレンジなどの香りは気持ちの上でも爽やかになります。
あなたも、髪の色だけでなくそんな香りに包まれて、若々しく活動的な日々を過ごしてみませんか?

Copyright(C)2016 www.mdczim.net All Rights Reserved.